ひろこみゅ管理人のひろやんです!

僕が愛用しているパソコンはMacなのですが、Windowsでしか使えないソフトっていうのがやっぱあるんですよね。

その部分に関しては、僕はWindows仮想ソフトのParallels Desktopでまかなっていますが、パソコンがMac1台で済むため重宝しています。

さて、そんな仮想WindowsソフトのであるParallels Desktopですが、最近フリーズして動かなくなる現象に直面しました。

ひろやん

仮想Windowsでもフリーズするんだなー

そう思いながら解決法を探す僕。

結果的に強制終了で解決できたので、パラレルスデスクトップの強制終了について解説していきます。

Sponsored Links

Parallels Desktopの強制終了はひと味違った件

強制終了って言ったらParallels Desktopのアプリケーションを強制終了すれば良いんでしょ?

そう思ったんですけどParallels Desktopの強制終了はひと味違いました。

アプリケーションを強制終了してから、もう一度起動させても画面はフリーズしたまま。

その様を垣間見て普通にポッと口から出ました。

ひろやん

まじか

ここで結構焦ってくる。

ちょっとやばい感じ?

そう思いながら、すぐさま何か別の方法が無いかと探してみました。

そしたら・・・あった!

Parallels Desktopを強制終了する手順

結論から言うとParallels Desktopは「処理」の「■ストップ」で行えました。

Parallels Desktopを起動して画面がアクティブに状態で「処理」のタブをクリックして「■ストップ」をクリックですね↓

 

すると・・・ジャン↓

 

無事にWindowsデスクトップ画面が立ち上がりました!

良かった良かった。

Sponsored Links

ひろやんの一言

Windows仮装ソフトのParallels Desktopがフリーズした際の強制終了方法について解説しました。

もし、同様にParallels Desktopがフリーズして強制終了するしかないってときは、最終手段とした今回の方法を使ってみてくださいね。

ひろやんでした♪

追記

その後Parallels Desktopが何回かフリーズすることがありまして。

そのたびにWindows10を強制終了していたらParallels Desktopがエラーで起動しなくなりました。

どうやらハードディスクの認識エラーが起きてしまったようです。(仮想Windowsでもこんなことあるんですね・・・)

今回のようにWindows10が正常に起動することもあれば、エラーで起動しなくなることもあるということですね。

なのでParallels DesktopでWindows10がフリーズしたとしても、この強制終了は最終手段にした方が良さそうです。

色々試してみてどうしてもフリーズから動かないという場合は試してみてくださいね。

以上!

ひろやんでした♪