ひろこみゅ管理人のひろやんです!

ひろやん

Windows10でスタートアップに登録するのってどうすれば良いんだっけ?

こんな感じでスタートアップのやり方をお探しではありませんか?

今回はWindows10で簡単に設定する方法について解説していきます!

Sponsored Links

2種類のスタートアップ登録方法

スタートアップに登録する方法は大きく2種類あります。

  • 「スタートアップ」のフォルダを使う方法
  • 「タスクスケジューラ」を使う方法

どちらも試したことが無いという場合は、1番の『「スタートアップ」のフォルダを使う方法』の方が比較的カンタンです。

ただタスクスケジューラを使う方法もそんなに難しくないし、覚えたら色々と使えるので、今回は両方のやり方について解説していきます!

まずはスタートアップのフォルダを使う方法から手順を確認していきましょう!

「スタートアップ」フォルダを使う方法

それではさっそくスタートアップ登録を行っていきましょう。

まずはタスクバーにあるエクスプローラのアイコンをクリックします↓

 

続いてアドレスバーをクリックしましょう↓

 

こんな感じで青くなればOK↓

 

カタカナで「スタートアップ」と打ち込んで、キーボードの「Enter」を押します↓

 

すると「スタートアップ」というフォルダまでひとっ飛び↓

 

なお、パスは以下になります↓

C:Usersユーザー名AppDataRoamingMicrosoftWindowsStart MenuProgramsStartup

一個一個フォルダを潜っていく場合「AppData」フォルダは隠しフォルダになっているので、隠しフォルダを表示しましょう。

隠しフォルダを表示する方法はこちらの記事に記載しています↓

【Windows10】隠しフォルダ・ファイルを表示・非表示にする設定>>
↑こちらをタッチorクリック

表示の仕方が分からない場合は読んでみてくださいね!

 

それではパソコン起動時に立ち上げたいアプリケーションをスタートアップフォルダの中へ入れていきましょう。

今回は試しに「スタートアップテスト」と書いたテキストファイルをスタートアップフォルダに入れてみます↓

 

スタートアップフォルダへ入れた上でパソコンを再起動して、ちゃんと立ち上がるか動作確認↓

 

パソコンが立ち上がると・・・

はい、こんな感じ!↓

 

ファイルがパソコン起動と同時に立ち上がりました!

アプリケーションはショートカットを入れよう

スタートアップフォルダを使うときの注意点が一点。

例えば、ソフトなどのアプリケーションをスタートアップ登録したい場合。

スタートアップフォルダの中にはアプリケーションのショートカットを入れるようにしましょう。

アプリケーションには大きく以下の2パターンがあります。

  1. 単体で動くアプリケーション
  2. 複数のファイルを利用して動くアプリケーション

単体で動くアプリケーションであればアプリケーションをコピーしてスタートアップフォルダに入れて使うことが可能です。

ただ、複数のファイルを利用して動くアプリケーションはそれだけをコピーしてスタートアップフォルダに入れたとしても機能しません。

ここら辺の細かい部分は、こちらの記事に詳しく記載しています↓

スタートアップフォルダが起動しないときの解決法>>
↑こちらをタッチorクリック

読んでいただけたら理解が深められるので、ぜひ一度読んでみてくださいね!

タスクスケジューラを使う方法

スタートアップに登録する方法で、もうひとつのパターンがタスクスケジューラを使う方法になります。

スタートアップ登録する際にちょっとした設定が必要ですが、慣れたら簡単です。

細かい設定も可能のため、ぜひこちらの方法にもチャレンジしていただけたらと思います!

それでは、今度はタスクスケジューラでスタートアップの登録設定を行っていきましょう。

 

まずはデスクトップ左下のWindowsスタートアイコンを右クリックします↓

 

続いて「コンピュータの管理」をクリックしましょう↓

 

左側の「タスクスケジューラ」という項目をクリックします↓

 

すると右側にタスクスケジューラライブラリが表示されるので「タスクの作成」を選択しましょう↓

 

「タスクの作成」で「全般」のタブが表示さらるので「名前」の部分に、タスクの名前を記入します↓

 

今回はテストということで「スタートアップテスト」という名前で登録。

名前を決めたら右下の「OK」をクリックしましょう↓

 

続いて「トリガー」のタブを選択して「新規」をクリック↓

 

今回の目的はスタートアップ登録なので、タスクの開始を変更します。

「スケジュールに従う」という部分をクリックしましょう↓

 

「ログイン時」に変更して「OK」をクリックします↓

 

トリガーが「ログイン時」になっていればOKです↓

 

続いて「操作」のタブを選択して「新規」をクリック↓

 

「参照」をクリックしましょう↓

 

スタートアップ登録したいアプリケーションやファイルを参照していきます。

今回はテストということで「スタートアップテスト」というテキストファイルを登録。

ファイルを選択して「開く」をクリックします↓

 

「プログラム/スクリプト」にパスが表示されるので、正しく参照されていれば「OK」をクリックしましょう↓

※ちなみにMacの仮想Windowsソフトを使ってるのでパスがこんななってますが、通常は「C:¥」という感じで始まるかと思います。

 

「操作」に設定が表示されるので右下の「OK」をクリックしましょう↓

 

ここまで設定ができれば「タスクスケジューラライブラリ」にタスクが追加されます↓

 

以上の設定はスタートアップ登録で「パソコン起動時にテキストファイルを開く」というものです。

パソコンを再起動して動作を確認してみましょう↓

 

再起動すると・・・ジャン!↓

テキストファイルが自動で立ち上がってきました!

スタートアップ登録の成功です!

【追記】それでもスタートアップ起動しない場合

Windows10のパソコンでタスクスケジューラを使っているのにアプリケーションがスタートアップ起動しない事例があったので追記しておきます。

今回解説している手順でタスクスケジューラに登録しているのにスタートアップ起動しない場合…

「ある簡単なこと」を行うことでスタートアップ起動するようになりました。

もし今回の手順通り行なってスタートアップ起動しない場合は、こちらの記事を一度確認してみてください↓

【Windows10】スタートアップが起動しないときの解決法>>
↑こちらをタッチorクリック

ひろやん

きっとスタートアップ起動するようになるはずです!

参照の仕方がわからない場合

ひろやん

このアプリケーションをスタートアップ登録したいけど、どう参照して良いか分からない!

その場合の参照方法を伝授します!

例えばデスクトップ上に毎回起動するアプリケーションがあるとします↓

 

このソフトのアイコンで右クリックして「ファイルの場所を開く」を選択しましょう↓

 

するとショートカットの元のアプリケーションまでひとっ飛びするので、このアプリケーションのファイル名を確認しておきましょう↓

↑この場合のアプリケーションのファイル名は「chrome.exe」になります。

 

続いてアドレスバーの空白部分をクリックしましょう↓

 

すると以下のように青くなります↓

 

キーボードこ右矢印(→)のキーを押しましょう。

するとカーソルが表示されます↓

 

ここに「¥ファイル名」を付け足しましょう。

今回のファイル名は「chrome.exe」なので、「¥chrome.exe」と付け足します↓

 

「¥ファイル名」を付け足したら、アドレスバー全文をコピーしましょう↓

 

コピーした全文をタスクスケジューラ操作タブの「プログラム/スクリプト」に貼り付けて「OK」をクリック↓

 

タスクスケジューラの以下のようなすメッセージが表示されたら「いいえ」を選択しましょう↓

 

これで「プログラム/スクリプト」の参照はバッチリです↓

 

パソコンを再起動すると・・・

 

しっかりアプリケーションが立ち上がりました!↓

 

アプリケーションの参照する場所がわからない場合は「ファイルの場所を開く」が便利。

こんな感じで参照して設定してみてくださいね!

Sponsored Links

ひろやんの一言

Windows10でスタートアップに登録する方法について解説しました!

パソコン起動とともにソフトを立ち上げてくれるスタートアップ登録って便利ですよね。

便利ですが、あまりに登録しすぎるとパソコン起動に時間がかかるので、毎日頻繁に使うものだけ登録するようにしましょう!

以上!

ひろやんでした♪