ひろこみゅ管理人のひろやんです!

ひろやん疑問

iPhoneで電話しようとしたら「接続できませんでした」って出て通話ができないなぁ…
困った・・・いったい何が原因だろう??

iPhoneが「接続できませんでした」と表示される

現在そのような状況にお困りではありませんか?

僕自身も過去に同じような経験をしたことがありましたが「あること」を試したことで解消し、問題なく電話できるようになりました。

この方法であれば、もしかすると携帯会社に持っていかなくても電話が使えるようになるかもしれません。

僕自身の体験から原因と対処法を記載するので、ぜひ一度試してみてください。

※やること自体は難しくありませんが、自己責任でお願いします。

Sponsored Links

iPhoneで電話ができなくなる原因とは?

結論から言うと「SIM(シム)の接触不良」の可能性が高いです。

SIMというのはiPhoneに内蔵されているチップのこと。

iPhoneのSIM

 

このチップがあるからiPhoneで電話することが可能になるわけですね。

ただし、ごくまれにこのSIMがiPhone内部で接触不良を起こすことがあります。

そうなれば今回のようにiPhoneで電話をしようとすると「接続できませんでした」と表示されて、まともに通話ができなくなってしまうわけです。

iPhoneで電話ができなくなったときの対策

結論から言うと「SIMの抜き差し」を実行してみましょう。

用意するものは「クリップ1個」あればOKです。

下準備としてクリップを以下のように曲げておきます。

クリップ

 

続いてiPhoneの側面にある小さな穴を見つけましょう。

この小さい穴にクリップをググっと差し込んでいきます。

少し力がいるかもです。

iPhoneの小さな穴

 

上手いこといけば以下のようにSIMが出てきます。

iPhoneのSIMの穴

 

そのまますぐ差し込んでもOKです。

実は今回、父親のiPhoneの電話ができなくなってしまったのですが、SIMを以上のように抜き差しするだけで電話できるようになりました。

iPhoneの電話が掛かった

SIMの汚れにも気をつけよう

今回はシンプルに接触不良だけだったため、SIMの抜き差しでiPhoneの電話が使えるようになりましたが。

SIMに汚れがついていたりすると電話できなくなることもあるので、その場合はSIM(銅板の部分)をティッシュなどで拭き取ることで改善したりします。

iPhoneのSIMを拭き取る

覚えておいて損はないので、頭の片隅にでも入れておきましょう。

SIMを抜き差ししてもiPhoneで電話ができない場合

iPhoneで電話ができなくなる原因として一番可能性が高いのが「SIM」ですが、Apple公式の「iPhone や iPad に「圏外」または「検索中」と表示される場合」というページにそのほかの対策も記載されています。

簡単にできるものは「iPhoneの再起動」ですね。

あと「iOSのアップデート」も試せるかと思います。

ここらへんは試してみても良いかと思いますが、SIM抜き差しで無理なら最寄りの携帯会社に行くのが早いかもしれません。

Sponsored Links

ひろやんの一言

iPhoneの電話で「接続できませんでした」と表示される原因と対策について解説しました。

電話できなくなると色々と支障がでると思うので、早めに対策したいですね。

やり方自体は簡単なので、できそうであれば今回のSIM抜き差しにチャレンジしてみてください。

あと、今回の記事を書きながら従兄とお話したことを思い出しましたが、スマホの月額料金を抑えるなら「J:COM MOBILE」という格安SIMを使うのがかなりおすすめのようです。

利用エリア内にいるなら検討する価値は十分にあるようなので、「もう少し月額の携帯代を抑えたい」という場合は以下から詳細を確認してみてくださいね。



なお、僕の住んでいるところはエリア外でした。

無念・・・

以上。

ひろやんでした。