ひろこみゅ管理人のひろやんです!

僕自身が愛用しているMacBookPro(Mid 2012)。

過去に一度、HDDからSumsungのSSD(256GB)に換装した経験があるのですが、当初はMacの処理スピードもかなり爆速になって満足していました。

ただ、最近になってMacで動画編集もするようになったため、SSD 256GBだと容量圧迫されまくりの毎日・・・

動画を作成しては削除、動画を作成しては削除の繰り返しで、かなり面倒になってきましたw

以上のことから、SSDを「256GB」から「1TB」へ交換することを決意。

ひろやん指差し

途中SSDのクローンがなかなかうまく作れず苦労しましたが、最終的にSSDをクローン化し、無事SSD交換することができました!

そんなわけで今回は忘備録として「MacBookPro 2012 midにおけるSSDを交換する方法」について、ここに残しておきたいと思います。

なお、動画でも解説しているので、動画が良い場合はこちらからどうぞ!

Sponsored Links

MacBookPro 2012 midでSSDを交換する際に準備したもの

SSD交換するにあたって準備したものが以下になります。

今回準備したもの
  1. SSD
  2. SSDアダプタ
  3. 精密ドライバー

Amazonですべて揃います。

①SSD:Samsung 860 EVO 1TB

僕自身、SSDは「Sumsung」をオススメします。

これまで3回ほど購入。信頼できるSSDです。

なお、Amazonでの取り扱いにおいて「Sumsung」のSSDには「EVO」と「PRO」があります。

同じ容量でも価格が約2倍ほど違い、PROの方が高いです。

ひろやん指差し

僕自身は今回のSSD交換で「EVO」も「PRO」も両方経験したことになりますが、SSD交換が終わってしばらく使用するも、正直EVOでも充分に使えることが分かりました。

ちなみに「EVO」と「PRO」で何が違うのか気になったので調べてみましたが。

速度などのパフォーマンスはほぼ同等のようで、耐久性がPROの方が上といった感じのようです。

以上のことから一般的に使う分には、価格も比較的安い「EVO」タイプのSSDで充分でしょう。

②SSDアダプタ:オウルテック 2.5インチ/3.5インチSATA HDD用アダプタ

SSDクローン化する際に必要。電源供給タイプのアダプタが安定・安心です。

③精密ドライバー:Erdotech 精密MacBookドライバー修理キット

  • 精密プラスドライバー(PH000) →Macの裏カバー外し用+SSD止め金具外し用
  • トルクスドライバー(T6)→SSDに付く4つのビス外し用

※上記2つがあればOK。上記のドライバー修理キットがひとつあれば事足ります。

これらが揃っていればSSDのクローンを作って、SSD交換することが可能です。

【MacBookPro 2012 mid】SSDを交換するための大まかなステップ

次にSSD交換するための全体的な流れが以下になります。

SSD交換のステップ
  1.  SSD交換の下準備を行う
  2. 【MacBookPro 2012 mid】SSDをフォーマットする
  3. 【MacBookPro 2012 mid】SSDのクローンを作る
  4. 【MacBookPro 2012 mid】SSDを交換する

僕自身もネットで調べつつ試行錯誤しながらSSD交換しましたが、終わってみれば特に難しいことはありませんでした。

ここに書いていることを順番に進めてもらえれば、きっとうまくいくはずです。

【MacBookPro 2012 mid】SSDを交換するための具体的な手順

それではSSD交換するのに具体的な手順を解説していきます。

ゆっくり、ひとつひとつ確認しながら進めていきましょう。

①SSD交換の下準備を行う

まずはSSD交換する前の下準備です。

SSDアダプタにSSDをセットして、MacBookProに接続しましょう。

SSDアダプタの使い方は以下のとおり。

SSDアダプタの使い方
  1. SSDアダプタにSSDを差し込む
  2. 電源アダプタを電源差し込む
  3. USBをMacBookProに差し込む

簡単ですね!

 

それでは次に「ディスクユーティリティ」を使っていきます。

MacBookProを起動して、すぐにキーボードの「 command + R 」を同時押ししましょう。

画面が表示されるまで長押しでOKです。

 

すると下記のように「macOSユーティリティ」のウィンドウが表示されます。

「ディスクユーティリティ」を選択して、「続ける」をクリックしましょう。

SSD交換の下準備は以上になります。

②【MacBookPro 2012 mid】SSDをフォーマットする

続いてSSDのフォーマットに移っていきます。

「ディスクユーティリティ」のウィンドウが開くので、下記の順にクリックします。

  1. 「新しく準備したSSD(クローン化したいSSD)」を選択。
  2. 続けて「消去」をクリックします。

 

続いて下記を決めていきます。

  1. 名前
  2. フォーマット
  3. 方式

決めたら「消去」をクリックします。

簡単に上記を説明します。

①名前
最終的にクローン元の名前に変わるので、いったんは分かりやすい名前に変更しておけばOKです。

②フォーマット(現在のmacOSによる)
・「Mojave 10.14」以降のOSなら「APFS」でOK。
・「High Sierra 10.13」以前のOSなら「Mac OS拡張(ジャーナリング)」でOK。

僕は現時点で最新の「Catalina 10.15」だったので「APFS」を選択しました。

macOSをザクっと並べておきます。

macOS新しい順(2021年現在)
  • macOS Catalina 10.15
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS Sierra 10.12
  • OS X El Capitan 10.11
  • OS X Yosemite 10.10
  • Mavericks
  • Mountain Lion
  • Lion(←2012ならおそらくここら辺が最初のOSのはず)

③方式
・CPUがIntelベースのMacBookProの場合は「GUIDパーティションマップ」
・CPUがPowerPCベースのMacBookProの場合は「Appleパーティションマップ」

僕のMacBookProはIntelベースだったため、「GUIDパーティションマップ」を選択しました。

※2012 midならIntelベースのはずです。

 

SSDの消去が終わったら「完了」をクリックしましょう。

なお、このとき正常に消去できず、ウィンドウが閉じたり失敗する場合もあるようです。

ちなみに僕自身はウィンドウがパッと閉じて、何事もなかったような状態になり、しばらく迷走しました・・・(笑)

最終的に再度同じことように消去したら進みました。ここはちょっと謎でしたね。

ともあれ、これでSSDのクローンを作る準備が整いました。

③【MacBookPro 2012 mid】SSDのクローンを作る

下記の順番にクリックします。

  1. クローンするSSDをクリックして選択状態にする(新しいSSDのことです)
  2. 「復元」をクリックします。

 

「復元元」で現在使用しているHDを選択して「復元」をクリック

※「HD-Data」の方ではありません

 

SSDの復元(クローン化)が始まるので、しばらく待ちましょう。

 

「操作が完了しました」と表示されたら「完了」をクリックします。

「ディスクユーティリティ」のウィンドウを「×」で閉じましょう。

以上の操作でSSDのクローンができあがったことになります。

ですが、念のためSSDを交換する前に、問題なくクローン化できたか、SSDの起動確認をしてみましょう。

クローンSSDの起動確認

下記の順番にクリックします。

  1. 画面左上の「Appleマーク」をクリック。
  2. 「起動ディスク」をクリック。

 

「クローン化したSSD」を選択して「再起動」をクリックします。

 

これで通常通りデスクトップ画面にいけば、SSDクローン化の成功です。

つまりこのまま内蔵HDを交換してOKということですね。

SSDの容量を確認してみましたが、250GBあってパンパンだったものが、空き容量が750GBとなっていました。

だいぶゆとりができましたね。

クローン化したSSDの起動確認もできたので、それではいよいよSSDを交換していきましょう。

④【MacBookPro 2012 mid】SSDを交換する

MacBookProを裏返して、精密ドライバーでビスを外していきましょう。

使用するドライバーは「プラスドライバー(J000)」です。

ビスは10箇所あります。

ビスさえ10箇所取れたら、カバーは素手で簡単に取ることが可能です。

 

MacBookPro(mid2012)であれば、カバーを外したら以下のようになっているかと思います。

ハードディスクが以下の赤枠で囲んだ部分ですね。

過去にもSSD(256GB)を換装しているため、SumsungのSSDになっています。

 

それでは既存のハードディスクを外していきますが、SSDは2箇所のビスで止められているため、まずはビスを外しましょう。

 

以下のように細いフレームが付いているので、取りましょう。

 

ハードディスクを手に取り、コネクタを左に引っぱって取り外しましょう。

 

また、ハードディスクの側面には特殊なビスが4個付いています。

ビスは4個すべて取り外して、新しいクローンSSDに取り付けましょう。

なお、特殊なビスを外すのに必要な工具が「トルクスドライバーT6」になります。

 

SSDアダプタに設置しているクローンSSDを取り外しましょう。

 

クローンSSDに4つのビスを取り付けた上で、コネクタを差し込み、MacBookProへ設置します。

 

細いフレームを取り付けてクローンSSDを固定しましょう。

 

MacBookProの裏カバーをしてビスを付けます。

SSD交換手順は以上になります。

念のため、MacBookProの電源を入れて起動確認をしましょう。

通常どおり使用できればSSD交換は成功です。

お疲れ様でした!

ひろやんの一言

MacBookPro 2012 midにおけるSSDの交換方法については以上になります。

最初、Timemachineから復元する方法を試したものの、上手くいかず苦労しましたw

でも今回の手順で上手くいったので、おそらくMacBookPro 2012 midあたりを使っているならば、今回の方法でうまくいくはずです。

ぜひ確認しながら進めてみてくださいね。

以上。

ひろやんでした。