一眼レフのSDカードでおすすめの容量は?

SDカード

一眼レフおすすめのSDカード

一眼レフカメラでの撮影に必要なSDカードは、容量や速度など様々な種類があります。

しかし、どのような容量のSDカードを選べば良いかは初心者にとっては難しい問題です。

本記事では、一眼レフカメラでおすすめのSDカードの容量について解説します。

Sponsored Links

SDカードの容量とは

SDカードの容量とは、そのSDカードに記録できるデータの量を表すものです。

SDカードには、2GB、4GB、8GB、16GB、32GB、64GB、128GBなどの容量があり、選ぶべき容量は撮影の目的やシーンによって異なります。

おすすめの容量

一般的に、一眼レフカメラでの撮影においては、16GB以上のSDカードを使用することが推奨されています。

撮影する枚数や時間によっても選ぶべき容量は変わりますが、16GB以上であれば十分な容量と言えます。

また、RAW形式での撮影をする場合は、より大容量のSDカードが必要になることがあります。

RAW形式は、写真の圧縮を行わないため、データ量が大きくなります。

そのため、32GB以上のSDカードを選ぶことがおすすめです。

まとめ

一眼レフカメラでの撮影において、おすすめのSDカードの容量は16GB以上となります。

RAW形式での撮影を行う場合は、さらに大容量のSDカードを選ぶ必要があります。

撮影の目的やシーンに合わせて、適切なSDカードを選ぶようにしましょう。

一眼レフの写真一枚あたりの容量は、画像の解像度や圧縮の度合いによって異なります。

一般的に、JPEG形式の写真の場合、おおよそ3MBから10MB程度の容量が必要となります。

RAW形式の写真の場合は、20MB以上の容量が必要となることがあります。

ただし、この容量はあくまでも目安であり、実際には写真の内容や撮影条件によって異なる場合があります。

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る

コメントをどうぞ

ページの先頭へ