Windows11の「要件のチェック」と「互換性の確認」の方法

Windows11

Windows11の「要件のチェック」と「互換性の確認」の方法

ひろこみゅ管理人のひろやんです。

ひろやん疑問

自分のPCがWindows11に対応しているかどうかを調べたいんだけど、イマイチよく分からないなぁ・・・。

いったいどうすれば良いんだろう?

現在そのような状況にお悩みではありませんか?

ひろやん指差し

今回はそんな状況を解決すべく、Windows11の「要件のチェック」と「互換性の確認」の方法について、画像付きで分かりやすく解説していきます。

Sponsored Links

Windows11の要件をチェックする方法

それではまずWindows11の要件をチェックしていきましょう。

まずはMicrosoftのサイトの「Windows11をダウンロードする」というページに移動する必要があるので、Microsoftのサイトへ移動します。

以下からWidnwos11のページへ移動しましょう。

Windows11のダウンロードページへ移動する>>

 

Microsoftの「Windows11をダウンロードする」の画面になります。

マウスで下へスクロールしましょう。

 

「Windows11インストールアシスタント」という項目があるので、「今すぐダウンロード」を左クリックしましょう。

 

すると「Windows11InstallationAssistant.exe(アプリケーション)」がダウンロードされます。

ダウンロードされたら「Windows11InstallationAssistant.exe(アプリケーション)」をダブルクリックして起動しましょう。

 

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」とメッセージが表示されます。

「はい」を左クリックしましょう。

 

「Windows11インストールアシスタント」が起動して「PC正常性チェックアプリを使用して互換性を確認する」というメッセージが表示されます。

「PC正常性アプリを入手する」を左クリックしましょう。

 

「互換性の確認」の画面が表示されます。

ここでは「PC正常性チェックアプリのダウンロード」と「システムの最小要件を見る」が可能になります。

それでは試しに「システムの最小要件を見る」を左クリックしてみましょう。

 

すると「システム要件」のページに移動します。

ここでWindows11へアップグレードするのに必要最低限のシステムの要件を確認することが可能です。

 

システム要件は、簡単にまとめると以下のように表記されています。

  • プロセッサ :1ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)。

  • メモリ:4ギガバイト (GB)。

  • ストレージ :64 GB 以上の記憶装置

  • システムファームウェア:UEFI、セキュア ブート対応。

  • TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0。

  • グラフィックス カード:DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応。

  • ディスプレイ:対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ。

  • インターネット接続とMicrosoftアカウント:Windows 11 Home エディションにはインターネット接続と Microsoft アカウントが必要です。

色々と書いてよく分からないかもしれませんが(僕も分からないところは分かりませんw)

次で解説する「PC正常性チェックアプリ」を使うことでを、自分のPCに必要なシステム要件を自動で洗い出してくれます。

なので、Windows11に必要なシステム要件は、そこまで理解しようとしなくて大丈夫です。

念のため、システム要件のページのリンクを貼っておきますね。

「システムの最小要件」のページへ移動する>>

上記のリンクからシステム要件が確認できます。

Windows11におけるシステム要件のチェック方法については以上になります。

Windows11の互換性の確認方法

それでは引き続きWindows11の互換性の確認方法に移りましょう。

ここでは「PC正常性チェックアプリ」を使うことで、Windows11との互換性を確認することが可能になります。

それでは先ほどの互換性の確認の画面に戻りまして、今度は「PC正常性チェックアプリのダウンロード」を左クリックしてみましょう。

 

すると「WindowsPCHealthCheckSetup.msi」というWindowsインストーラーパッケージがダウンロードされます。

「WindowsPCHealthCheckSetup.msi」がダウンロードされたら、ファイルを起動しましょう。

 

「Windows PC正常性チェックセットアップ」のウィンドウが表示されます。

以下の手順で進めましょう。

  1. ライセンス条項を確認する。
  2. 「使用許諾契約書に同意します」にチェックマークを入れる。
  3. 「インストール」を左クリックする。

 

PC正常性チェックアプリのインストールが始まります。

しばらく待ちましょう。

 

「Windows PC正常性チェックはインストールされています」と表示されたら、「完了」を左クリックしましょう。

ひろやん指差し

ちなみにここで「ショートカットをデスクトップへ追加」のチェックを入れることで、デスクトップに「正常性チェックアプリ」のショートカットを作れます。

必要であればチェックマークを入れましょう。

 

「PC正常性を一目で確認」という画面が表示されます。

「今すぐチェック」を左クリックしましょう。

 

ここで、もし自分のPCがWindows11のシステム要件を満たしていない場合は「このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません」とメッセージが表示されます。

そして、以下のようにWindows11のアップグレードに必要なシステム要件が表示されます。

 

ちなみに「すべての結果を表示」を左クリックしてみると、システム要件を満たしている項目も表示されました。

ひろやん疑問

システム要件を満たしている項目もあるみたいですが、どうやらすべての項目を満たさないとWindows11へアップグレードできないようです。

 

ついでに「デバイスの仕様」もクリックして確認してみました。

 

すると、以下のように「このPCはWindows11に対応していません」というメッセージが表示されました。

どうやら必要な要件を満たしていない模様です。

ちなみに僕のPCは元々Windows7でして、Windows10にアップグレードしています。

PCを購入したのも9年ほど前になるので、古すぎてWindows11に対応できない感じでしょうね・・・。

ひろやんプチアイコン

うーん・・・残念。

Sponsored Links

ひろやんの一言

Windows11の「要件のチェック」と「互換性の確認」の方法について解説しました。

自分のPCがWindows11に対応しているかどうかを調べる際には、ぜひ今回の内容を試してみてくださいね。

ひろやん笑顔

何かしら参考になることがあれば幸いです。

以上。

ひろやんでした。

iPhoneユーザー必見の書籍
  • iPhoneはかどる!便利技2021

Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん驚き

iPhoneの超ヘビーユーザーである僕も実際に読んでみましたが、「こんな便利な機能があったのか!」と目からウロコの内容でした!

一度サラッと読んでみるだけでも知識がアップして、よりいっそうiPhoneライフを楽しめるでしょう。

電子書籍価格で1,320円ですが、Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん笑顔

解約も簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

※「Kindle unlimited」にて1ヶ月無料お試しで読む場合はこちらをタッチ
Sponsored Links

コメントをどうぞ

ページの先頭へ