iPhoneのアラームがうるさいときの対処法

iPhone

iPhoneのアラームがうるさい

ひろこみゅ管理人のひろやんです。

ひろやん疑問

iPhoneのアラームの音量が大きすぎて、ちょっとうるさいよなぁ…

アラームの音量を下げるには どうすれば良いんだろう?

現在そのような状況にお悩みではありませんか?

確かにiPhoneのアラームって、そのままだとちょっと大きいですよね。

僕自身もそれは感じていて、このたびiPhoneのアラームの音量を下げる方法がないか調べてみました。

ひろやん指差し

結果的に良い方法が見つけられたので、今回はiPhoneのアラームがうるさいときの対処法について解説していきます。

Sponsored Links

iPhoneのアラームがうるさいときの対処法

iPhoneのアラームがうるさいときの対処法についてですが、対処法は主に2パターンあります。

それが以下の2パターンです。

iPhoneのアラームがうるさいときの対処法
  • iPhoneの音量を下げる。
  • 別のアラームアプリを使う。

「iPhoneの音量を下げる」について。

メリットはiPhoneの設定から簡単にできること。

デメリットはアラームの音量だけでなく「着信音・通知音・タイマー」などの音量も下がってしまうということです。

ひろやん指差し

そのため「着信音などの音量は下げたくない」という場合は「別のアラームアプリを使う」が良いでしょう。

「別のアラームアプリ」について。

メリットは、アラームの音量をアプリ単体で調整できるということ。

デメリットは、アプリのインストールが必要であるという点です。

ひろやん指差し

以上のことから、僕自身としてはトータル的に「別のアラームアプリを使う」が良いんじゃないかと感じています。

それでは2パターンの手順を順番に解説していきます。

「iPhoneの音量を下げる」手順

iPhoneの設定アイコンをタップします。

下へすこしスクロールして「サウンド」をタップしましょう。

※「サウンドと触覚」と表示されている場合は「サウンドと触覚」をタップします。

 

「サウンド」の設定画面になります。

「着信音と通知音」という箇所がありますが、ここが「アラームの音量」にも関連しているんですね。

ひろやん指差し

iPhoneのアラームがうるさいということは、おそらくこの音量が最大になっていると思われます。

 

アラームがうるさい場合は、この部分を少し下げて音量を調整しましょう。

 

「iPhoneの音量を下げる」手順は以上です。

繰り返しになりますが、この音量を小さくすると、アラームのほか「電話の着信音・通知音・タイマー」などの音量も小さくなります。

ひろやん指差し

もしこの対処法だと都合が悪いという場合は、次の「別のアラームアプリを使う」が良いでしょう。

「別のアラームアプリを使う」手順

まずは「イヤホン目覚まし時計」にアクセスして、iPhoneにアプリをインストールします。

 

そして、インストールしたアプリ「EarAlarm」をタップして起動しましょう。

ひろやん指差し

「イヤホン目覚まし時計」をインストールしたらアプリ名が「EarAlarm」となります。

 

起動したら以下のような画面になるので、「真ん中あたりのオプション」をタップしましょう。

 

「Alarm1-設定」の画面になります。

「時間」をタップして、アラームの時間を設定しましょう。

 

続いて「曲」をタップします。

 

「Alarm1-アラーム音」の画面になります。

ひろやん指差し

ここで好きな曲をアラームに設定することが可能になります。

下にスクロールして「プリセット(元々あるアラーム音)」から選ぶことも可能です。

「PLAY」をタップすることでアラーム音が確認できます。

OKであれば「BACK」をタップしましょう。

※現在は曲が設定されていないため、ここを設定しないとバイブレーションのみが鳴ることになります。

 

続いて「音量」をタップして、アラームの音量を調整しましょう。

 

「Alarm1-アラーム音量」の画面になります。

ここでiPhoneのアラームの音量を調整することができるので、調整して「PLAY」をタップしてみましょう。

すると現在のアラームの音量を確認できるので、ちょうど良い音量に調整できたら「BACK」をタップします。

 

設定が完了したら「BACK」をタップします。

 

「アラーム1」をタップして、「START」をタップしましょう。

 

以下のように「◯:◯にアラームがなります」と画面に表示されたら設定は完了です。

ちなみに注意点として。

他のアプリの画面にしてもOKですが、アプリを完全に閉じてしまったらアラームは鳴らなくなってしまうようです。

ひろやん驚き

設定したアラームが鳴らないと大変なので、ここは注意しておきましょう。

なお、本記事で紹介した「イヤホン目覚まし時計(EarAlarm)」ですが、今回は必要最低限の設定のみに絞って解説しました。

より具体的な設定手順に関しては別途、以下の記事で詳しく解説しています。

【iPhone】アラームをイヤホンのみで鳴らす方法>>

ひろやん指差し

もし興味がありましたら、ぜひ一度読んでみてくださいね。

Sponsored Links

ひろやんの一言

iPhoneのアラームがうるさいときの対処法について、2パターンの方法を解説しました。

iPhoneのアラームの音量を下げたい場合は、ぜひ今回の内容を試してみてくださいね。

ちなみに関連記事として以下の記事を紹介します。

【iPhone】アラーム音を好きな曲に無料で変更する方法>>

ひろやん指差し

Youtubeの動画であれば音楽ファイルに変換して、iPhoneのアラーム音に設定することが可能です。

こちらも興味があれば、ぜひ一度読んでみてくださいね。

以上。

ひろやんでした。

iPhoneユーザー必見の書籍
  • iPhoneはかどる!便利技2021

Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん驚き

iPhoneの超ヘビーユーザーである僕も実際に読んでみましたが、「こんな便利な機能があったのか!」と目からウロコの内容でした!

一度サラッと読んでみるだけでも知識がアップして、よりいっそうiPhoneライフを楽しめるでしょう。

電子書籍価格で1,320円ですが、Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん笑顔

解約も簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

※「Kindle unlimited」にて1ヶ月無料お試しで読む場合はこちらをタッチ
Sponsored Links

コメントをどうぞ

ページの先頭へ