【iPhone】写真をUSBメモリへ移す方法!

iPhone

【iPhone】写真をUSBメモリへ移す方法

ひろこみゅ管理人のひろやんです!

ひろやん疑問

iPhoneの写真をUSBに移して保存したいんだけど…どうすれば良いんだろ?

現在そんなお悩みをお持ちではありませんか?

確かに大切な写真だからこそ、バックアップはしっかりと取っておきたいですよね。

ひろやん指差し

そこで今回はiPhoneの写真をUSBメモリへと移す方法について解説していきます!

本記事で分かること
  • iPhoneの写真をパソコン経由でUSBメモリに移す方法
  • iPhoneの写真を直接 専用USBメモリに移す方法
Sponsored Links

iPhoneの写真をUSBへ移して保存するには?

iPhoneの写真をUSBへ移すにあたり、大きく2つの方法があります。

iPhoneの写真をUSBへ移す方法
  1. iPhoneの写真をUSBへ移す方法(パソコン経由で移す)
  2. iPhoneの写真をUSBへ移す方法(専用USBを使って直接移す)

パソコンがある場合は、iPhoneの充電ケーブルと一般的なUSBがあれば、パソコンを経由してiPhoneの写真をUSBへ移すことができます。

パソコンがない場合は、「iPhoneに直接挿せる専用USB」を使うことで写真を直接USBへ移すことが可能です。

なお、本記事ではiPhoneの写真をパソコン経由でUSBに移す方法をメインで解説しています。

パソコンを使う方法にチャレンジする場合は、このまま読み進めていただければと思います。

ひろやん汗

パソコンを使うのはちょっとなぁ・・・

以上のようにパソコンに苦手意識がある場合は、記事後半の「iPhoneの写真をUSBへ移す方法(専用USBを使って直接移す)」にお進みください。

それではさっそく本編へ入っていきましょう。

iPhoneの写真をUSBへ移す方法(パソコン経由で移す)

まずはiPhoneの写真をパソコン経由でUSBに移す方法から解説します。

iPhoneの写真をUSBへ移す際に必要なもの

先ほどカンタンに説明しましたが、あらためてiPhoneの写真をUSBメモリへ移すのに必要なものから確認していきましょう。

それぞれ以下のものが揃っていればOKです。

iPhoneの写真をUSBへ移す際に必要なもの
  • iPhoneの充電ケーブル
  • パソコン
  • USBメモリ

それぞれ注意すべきポイントがあるので、順番に確認していきましょう。

iPhoneの充電ケーブル

まずはiPhoneとパソコンを繋ぐUSBケーブルですね↓

これなんですが、前提としてUSBケーブルはデータ転送が可能なものを使用しましょう!

100円均一とかにあるUSBケーブルは充電しかできないタイプだったりするので注意が必要です。

基本的にiPhoneを購入したときに付属されるUSBケーブルならデータ転送できます。

ひろやん指差し

もしデータ転送できるUSBケーブルが無い場合は、こちらを選べば問題ないでしょう。

パソコン

前提として「USBケーブル」や「USBメモリ」が挿せるUSBポートが必要です↓

デスクトップ型パソコンやノートパソコンなら、ほぼほぼ付いているかと思います。

…が、タブレットPCの中にはUSBメモリが挿せないものもあるので、注意が必要ですね!

なお、手持ちのパソコンにUSBポートが2個以上あるなら便利です。

  • USBポート1にiPhoneケーブルを挿す
  • USBポート2にUSBメモリを挿す。
ひろやん指差し

そうすることでiPhoneの写真を直接USBへ転送することが可能になります!

まぁ仮にUSBポートが1個だけしかなくても大丈夫!

  1. iPhoneの写真をUSBケーブルで一度パソコンに取り込む。
  2. パソコンに取り込んだ写真をUSBメモリに移す。

この手順でバッチリiPhoneの写真をUSBに移すことが可能です。

ひろやん指差し

ただしこの場合はパソコンの空き容量が少ないと厳しいので、パソコンの空き容量は確保しておきましょう。

USBメモリ

USBメモリの容量が十分にあるものを選択しましょう↓

例えばの話・・・

  • USBメモリの現在の空き容量が8GBである。
  • iPhoneの移したい写真の容量が10GBである。

この場合2GB分のオーバーで2GB分の写真はUSBメモリへ移せなくなってしまいます。

ひろやん驚き

つまりは「8GBの空き容量のUSBメモリじゃ足りない!」ということですね!

なので、もし「iPhoneの写真を丸ごとUSBに移したい」と言う場合は、現在のiPhoneの写真の容量を確認して、それよりも大きい容量が保存できるUSBを選択しましょう。

iPhoneの写真の容量を確認する方法

現在のiPhoneの写真の容量については、iPhoneの設定から確認できます。

まずは「設定」アプリを起動します。

 

「設定」の画面になるので、少し下へスクロールしましょう。

 

続いて「一般」をタップします。

iPhoneの設定の一般

 

「iPhoneストレージ」をタップしましょう。

iPhoneストレージ

 

「iPhoneストレージ」の画面になるので、iPhoneの「写真」の容量を確認しましょう。

この場合で言うと、写真の容量は「43.73GB」になります。

たとえばの話「この容量(43.73GB)の写真を丸ごとUSBに移したい」という場合・・・

最低でも容量が64GB以上のUSBを選択する必要があるということですね。

ひろやん指差し

以上のような感じでiPhoneの写真の容量を確認して、USBの容量を選択しましょう。

Sponsored Links

iPhoneの写真をUSBへ移す手順

それでは必要なものが確認できたら、iPhoneの写真をUSBへ移していきましょう。

まずはiPhoneとパソコンをUSBケーブルで繋ぎます。

iPhoneで行う操作

iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続したら、iPhone画面で「このコンピュータを信頼しますか?」と聞かれます。

聞かれたら「信頼」をタッチしましょう。

 

パスコードを設定している場合はパスコードを入力します↓

 

これでiPhone側の設定はOKです!

パソコンで行う操作

iPhoneでコンピュータを信頼したら、iPhoneのデータにアクセスすることができます。

このとき「自動再生」の画面が表示される場合は「デバイスを開いてファイルを表示する」を選択しましょう↓

 

もし表示を消してしまった場合は、「PC(コンピュータ)」から入って、ポータブルデバイスの「◯◯のiPhone」をクリックすればOKです。

 

するとiPhoneの「Internal Storage」が表示されるので、クリックしましょう↓

 

「Internal Storage」の中に「DCIM」フォルダがあり、この中にiPhoneの写真のデータが入っています。

 

「DCIM」フォルダを右クリックで「コピー」↓

 

USBポートが1つしかない場合は、パソコンのデスクトップにでも貼り付けましょう。

USBポートが2つある場合は、USBメモリを空いているポートに挿しましょう。

すると「コンピューター」のところでUSBメモリが現れるので、「USBメモリ」をクリックしてアクセスします。

 

この中にiPhoneの写真のコピーしてものを貼り付けましょう。

 

以上の操作でiPhoneからUSBへダイレクトに写真を移す(コピー)ことができます!

写真をたくさん撮っている場合(容量によっては)多少時間が掛かるので終わるまで放置しましょう。

写真のデータが全て移し終われば作業完了です!

Sponsored Links

iPhoneの写真をUSBへ移す方法(専用USBを使って直接移す)

ひろやん疑問

うーん…やっぱりちょっとやり方が分からないな…

ここまで読んでそう思われたかもしれません。

でも大丈夫です。

現代はとても便利な世の中でして、iPhoneに直差しできて写真をデータ転送できる専用USBメモリが存在します。

それが以下に紹介するUSBです。

こちらは32GBのタイプのUSBになります。

 

こちらは128GBのタイプのUSBになります。

 

こちらは256GBのタイプのUSBになります。

 

USBの種類は以下のとおり。

USBの種類
  • 容量:「32GB・128GB・256GB」の3種類
  • 色:「グレー・ピンク・ブラック・シルバー」の4種類

 

また、このUSBは「4 in 1」タイプであらゆる接続に対応しており、とても便利な仕様になっています。

4 in 1 の端子種類(接続可能デバイス)
  1. Type-C端子(iPhone・Android)
  2. iOS端子(iPhone
  3. USB端子(パソコン
  4. Micro USB端子(Android)
なお、このUSBの最大のメリットは「専用アプリが不要」だということです。

通常は専用アプリを使って一手間が必要だったりして、これがまた面倒だったりするんですよね・・・。

でもこちらのUSBはスマホに挿すだけで写真を保存 & 確認できる、とっても使いやすいUSBになっています。

ひろやん笑顔

ぜひこちらの便利な専用USBも検討してみてくださいね。

【検証】iPhoneの写真を専用USBメモリに移してみた

実際に128GBの専用USBメモリを購入して、iPhoneの写真を移してみました。

そのときの様子を別記事にて、画像付きで分かりやすく解説しています

ひろやん疑問

専用USBって、どんな感じで使うんだろう?

そんな疑問が浮かんだ際には、ぜひ以下の記事を一度読んでみてくださいね。

【関連記事】iPhone用USBメモリでアプリ不要タイプが最高すぎた!>>

ひろやん笑顔

専用USBのレビューや使い方について、画像付きで分かりやすく紹介しています。

ひろやんの一言

「iPhoneの写真のUSBへの移し方」について解説しました。

ひろやん笑顔

大切な思い出の写真なので、こまめにパソコンへ保存してバックアップしていきましょう!

本記事が参考になれば幸いです。

以上。

ひろやんでした。

iPhoneユーザー必見の書籍
  • iPhoneはかどる!便利技2021

Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん驚き

iPhoneの超ヘビーユーザーである僕も実際に読んでみましたが、「こんな便利な機能があったのか!」と目からウロコの内容でした!

一度サラッと読んでみるだけでも知識がアップして、よりいっそうiPhoneライフを楽しめるでしょう。

電子書籍価格で1,320円ですが、Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん笑顔

解約も簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

※「Kindle unlimited」にて1ヶ月無料お試しで読む場合はこちらをタッチ
Sponsored Links

“【iPhone】写真をUSBメモリへ移す方法!” への4件のフィードバック

  1.  誠にわかりやすく説明されており、この後早速やってみようと思います
    ありがとうございます

    1. ゆうちゃんさん
      こちらこそ嬉しいコメントをありがとうございました!
      たいへん励みになります!

  2. このあとやってみようと思いました!
    この操作中はiPhoneをいじったり
    通話などはしても問題ないですか?

    1. なてぃさん
      コメントありがとうございます!
      ちょっと試したことはないのですが、そこまで重大な問題は無いかと思います。
      試していただけたらと思います。

コメントをどうぞ

ページの先頭へ