ひろこみゅ管理人のひろやんです!

ひろやん疑問

iPhoneの写真をUSBに移したいんだけど…どうすれば良いんだろ?

そのように思いながらこの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

確かに大切な写真だからバックアップは取っておきたいですよね。

そんなわけで今回はiPhoneの写真をUSBメモリへと移す方法について解説していきます!

 

ちなみにここではパソコンを使った写真の移動方法を解説しているので、もし「ちょっとできそうにないかも・・・」という場合はiPhone専用USBを使う手もあります。

その場合はサクッとこちらから確認してみてください↓

iPhone専用USBを見てみる>>

 

パソコンを使う方法にチャレンジする場合は、このまま読み進めていただければと思います。

それではさっそく本編へ入っていきましょう。

Sponsored Links

iPhoneの写真をUSBへ移す際に必要なもの

まずiPhoneの写真をUSBメモリへ移すのに必要なものになりますが、それぞれ以下のものが揃っていればOKです↓

  • パソコン
  • iPhoneの充電ケーブル
  • USBメモリ

それぞれ注意すべきポイントがあるので、順番に確認していきましょう!

iPhoneの充電ケーブル

まずはiPhoneとパソコンを繋ぐUSBケーブルですね↓

これなんですが、前提としてUSBケーブルはデータ転送が可能なものを使用しましょう!

100円均一とかにあるUSBケーブルは充電しかできないタイプだったりするので注意が必要です。

基本的にiPhoneを購入したときに付属されるUSBケーブルならデータ転送できます。

ひろやん指差し

もしデータ転送できるUSBケーブルが無い場合は、こちらのケーブルが比較的安価でオススメですよ♪

パソコン

前提として「USBケーブル」や「USBメモリ」が挿せるUSBポートが必要です↓

デスクトップ型パソコンやノートパソコンなら、ほぼほぼ付いているかと思います。

…が、タブレットPCの中にはUSBメモリが挿せないものもあるので、注意が必要ですね!

なお、手持ちのパソコンにUSBポートが2個以上あるなら便利です。

  • USBポート1にiPhoneケーブルを挿す
  • USBポート2にUSBメモリを挿す。
ひろやん指差し

そうすることでiPhoneの写真を直接USBへ転送することが可能になります!

まぁ仮にUSBポートが1個だけしかなくても大丈夫!

  1. iPhoneの写真をUSBケーブルで一度パソコンに取り込む。
  2. パソコンに取り込んだ写真をUSBメモリに移す。

この手順でバッチリiPhoneの写真をUSBに移すことが可能です。

ただしこの場合はパソコンの空き容量が少ないと厳しいので、パソコンの空き容量は確保しておきましょう。

USBメモリ

USBメモリの容量が十分にあるものを選択しましょう↓

例えばの話・・・

  • USBメモリの現在の空き容量が8GBである。
  • iPhoneの移したい写真の容量が10GBである。

この場合2GB分のオーバーで2GB分の写真はUSBメモリへ移せなくなってしまいます。

ひろやん驚き

つまりは「8GBの空き容量のUSBメモリじゃ足りない!」ということですね!

なので、もし「iPhoneの写真を丸ごとUSBに移したい」と言う場合は、現在のiPhoneの写真の容量を確認して、それよりも大きい容量が保存できるUSBを選択しましょう。

※iPhoneの写真の一部(何枚かだけ)をUSBへ写したいと言う場合は、その限りではありません。

 

現在のiPhoneの写真の容量については、iPhoneの設定から確認できます。

「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」と進んでいくと「写真」という項目があります。

ここでiPhoneの写真の容量を確認しましょう。

Sponsored Links

【iPhone写真】USBへの移し方

それでは必要なものが確認できたら、iPhoneの写真をUSBへ移していきましょう。

まずはiPhoneとパソコンをUSBケーブルで繋ぎます。

iPhoneで行う操作

iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続したら、iPhone画面で「このコンピュータを信頼しますか?」と聞かれます。

聞かれたら「信頼」をタッチしましょう↓

 

パスコードを設定している場合はパスコードを入力します↓

 

これでiPhone側の設定はOKです!

パソコンで行う操作

iPhoneでコンピュータを信頼したら、iPhoneのデータにアクセスすることができます。

このとき「自動再生」の画面が表示される場合は「デバイスを開いてファイルを表示する」を選択しましょう↓

 

もし表示を消してしまった場合は、「PC(コンピュータ)」から入って、ポータブルデバイスの「◯◯のiPhone」をクリックすればOKです↓

 

するとiPhoneの「Internal Storage」が表示されるので、クリックしましょう↓

 

「Internal Storage」の中に「DCIM」フォルダがあり、この中にiPhoneの写真のデータが入っています↓

 

「DCIM」フォルダを右クリックで「コピー」↓

 

USBポートが1つしかない場合は、パソコンのデスクトップにでも貼り付けましょう。

USBポートが2つある場合は、USBメモリを空いているポートに挿しましょう。

すると「コンピューター」のところでUSBメモリが現れるので、クリックしてアクセスします↓

 

この中にiPhoneの写真のコピーしてものを貼り付けましょう↓

 

以上の操作でiPhoneからUSBへダイレクトに写真を移す(コピー)ことができます!

写真をたくさん撮っている場合(容量によっては)多少時間が掛かるので終わるまで放置しましょう。

写真のデータが全て移し終われば作業完了です!

Sponsored Links

iPhoneの写真をUSBメモリへ移せそうにないときはiPhone専用USBを使おう

ひろやん疑問

うーん…やっぱりちょっとやり方が分からないな…

ここまで読んでそう思われたあなた!

今はiPhoneに直差しできて写真をデータ転送できるUSBメモリが存在します。

反対側はパソコンにも挿して使えるため、かなり便利なUSBメモリですね。

容量も32GB・64GB・128GBと種類があるので、iPhoneの容量にあったものを選ぶことをオススメします!

 

パソコンにも移すことを考慮するならばWindows&Mac対応と記載されている「iDragon」のUSBで問題ないでしょう。

ただしこちらは容量が32GBのみとなるので、32GBで良いならこれでOKです。

 

なお、「iDiskk」のUSBでもOKです。

ひととおりの容量が揃っています。

こちらは32GBのタイプ↓

 

こちらは64GBのタイプ↓

 

こちらは128GBのタイプ↓

 

こちらもぜひ検討してみてくださいね♪

以上になります!

ひろやんの一言

「iPhoneの写真のUSBへの移し方」について解説しました!

思いのほか簡単にできるので、一度やってしまえばすぐに分かるかと思います。

ひろやん笑顔

大切な思い出の写真なので、こまめにパソコンへ保存してバックアップしていきましょう!

ひろやんでした♪