macOSを外付けハードディスクにインストールする方法

ひろこみゅ管理人のひろやんです!

ひろやん疑問

macOSを外付けハードディスクにインストールして、外付けハードディスクから起動できるようにしておきたいんだけど、どうすれば良いんだろう?

現在そんなお悩みはありませんか?

外付けハードディスクにmacOSをインストールしておけば、もしMacに問題が起きて起動できなくなってしまっても大丈夫。

外付けハードディスクから起動できるようになるため、内蔵ハードディスクのデータを回収できるようになります。

僕自身も外付けハードディスクにmacOSをインストールする具体的な手順が分からなかったため、今回調べながら自分でも試してみました。

結果的に成功したので、今回はその手順を画像付きで解説していきます。

Sponsored Links

macOSを外付けハードディスクにインストールするステップ

おおまかなステップは以下になります。

macOSを外付けハードディスクにインストールするステップ
  1. 外付けハードディスクをフォーマットする
  2. 外付けハードディスクにmacOSをインストールする
  3. インストールした外付けHDDから起動確認をする。

なお、今回の環境は以下のとおりです。

macOSを外付けハードディスクにインストールする具体手順

macOSを外付けハードディスクへインストールする手順を具体的に確認していきましょう。

なお、外付けハードディスクはすでにMacへ接続されているものと仮定して進めていきます。

①外付けハードディスクをフォーマットする

まずは下準備として、外付けハードディスクをフォーマットしていきましょう。

Macに搭載されている「ディスクユーティリティ」を使います。

  1. 電源ボタンを押してMacを起動。
  2. すぐにキーボードの「 command + R 」を同時押ししましょう。

 

すると下記のように「macOSユーティリティ」のウィンドウが表示されます。

「ディスクユーティリティ」を選択して、「続ける」をクリックしましょう。

 

「ディスクユーティリティ」のウィンドウが開くので、下記の順にクリックします。

  1. 「外付けハードディスク」を選択。
  2. 続けて「消去」をクリックします。

 

続いて下記を決めていきます。

  1. 名前
  2. フォーマット
  3. 方式

決めたら「消去」をクリックします。

簡単に上記を説明します。

①名前
自分が分かりやすい名前に変更しておけばOKです。

②フォーマット
「Mac OS拡張(ジャーナリング)」でOK。

③方式
・CPUがIntelベースのMacBookProの場合は「GUIDパーティションマップ」
・CPUがPowerPCベースのMacBookProの場合は「Appleパーティションマップ」

僕のMacBookPro(Mid 2012)はIntelベースだったため、「GUIDパーティションマップ」を選択しました。

※よほど古いMacで無い限りは「GUIDパーティションマップ」でOK。

 

消去が終わったら「完了」をクリックしましょう。

「ディスクユーティリティー」のウィンドウは左上の「×」で閉じてOKです。

これでmacOSを外付けハードディスクにインストールする準備が整いました。

macOSを外付けハードディスクにインストールする

macOSユーティリティのウィンドウが開いたら「macOSを再インストール」をクリック。

 

mac OSのインストール画面になるので「続ける」をクリック。

※macOSは現時点のバージョンがインストールされるはずです。(今回の場合は「Catalina」)

 

ソフトウェアの使用許諾契約の条項に同意する必要があるため①「同意する」→②「同意する」とクリック。

 

mac OSをインストールするディスクを聞かれるので、下記の順番にクリック。

  1. 該当の「外付けハードディスク」をクリック。
  2. 「インストール」をクリック。

す。

 

macOSが外付けハードディスクにインストールされるので、しばらく待ちます。(今回は約40〜50分ほど掛かりました)

 

これが終われば外付けハードディスクへのmacOSのインストールは完了です。

初期設定画面になるため、できる範囲で設定していきましょう。

 

初期設定が終わったので、下記の操作でストレージを確認してみたいと思います。

  1. 左上の「アップルマーク」をクリック。
  2. 「このMacについて」をクリック。
  3. 「ストレージ」タブをクリック。

するとmacOS Catalinaで約20GBほど容量を使用しているようですね。

ともあれ、外付けハードディスクにmacOSがインストールできました。

 

なお、ここまでの操作を実施すると、起動ディスクが外付けハードディスクに変更されてしまうようです。

つまりこのままだとMacの電源を入れるたびに、外付けハードディスクから起動されるということですね。

それだと不便なので、Macの内蔵ハードディスクから起動するよう設定だけ行っておきましょう。

やり方は簡単です。

  1. デスクトップ左上の「Appleマーク」をクリック。
  2. 「システム環境設定」をクリック。

 

「起動ディスク」をクリックします。

 

下記の順に設定します。

  1. 「鍵マーク」をクリックして設定変更できるようにする。(鍵をしていない場合は不要)
  2. 内蔵ハードディスクをクリック。
  3. 再度「鍵マーク」をクリック(鍵をしていない場合は不要)
  4. 念のため「再起動」をクリック。

以上ですべての操作は完了です。

お疲れさまでした!

ひろやんの一言

macOSを外付けハードディスクにインストールする方法について解説しました。

今回の操作によってmacOSを外付けハードディスクにインストールすることが可能になりました。

万が一、Macに問題があって正常に起動できなくなってしまった場合は、今回作成した外付けハードディスクから起動することができます。

重要なデータを回収することが可能になるので、いざと言うときのために準備しておきたいですね!

以上。

ひろやんでした。