iCloudのメモのバックアップのやり方!Macでできる超簡単な方法!

Mac

ひろこみゅ管理人のひろやんです。

僕はMacとiPhoneでメモを使い倒していますが、今までに数回ほどメモが消えてしまったことがあります。

例えばこんなケースで・・・

iCloudのメモが消えた事例
  • 同期に失敗して消えてしまった
  • 誤操作で消してしまった
  • 知らない内に消えてしまった

知らない内ってのはホントに知らない内で・・・

たぶんですけどiPhoneでメモを起動したまんまポケットに入れて、何かしら手が当たって消えてしまったパターンだと思っています。

ひろやん汗

まぁほぼ誤操作みたいなものですね。

iCloudのメモなんですが、基本的にiCloudのメモを操作するため、それが誤操作で消えちゃってどうしようもない・・・

という、どうしようもないことが起きています。

消えた直前であれば以下の記事のように「iPhoneの一つ前に戻る操作」で取り消すことができるんですけどね。

【参考記事】iPhoneの文字入力で一つ前に戻る方法!打ち間違いや削除を元に戻す操作>>

ひろやん苦笑い

でもiCloudのメモは気づいた時にはだいたい時すでに遅しって感じです・・・

以上のことから「やっぱり大事なメモってバックアップが必要だなー」って日々感じます。

ひろやん指差し

そこで今回はiCloudのメモのバックアップのやり方について解説していきます。

Sponsored Links

iCloudのメモのバックアップのやり方(Mac編)

このメモのバックアップですが、Macを持っていたらiCloudのメモのバックアップも手動で簡単にできるんですよね。

ということでMacにおける「iCloudメモのバックアップのやり方」を解説していきます。

 

まずはMacのメモを開いて「iCloudのすべて」をクリックした後、どれでも良いのでiCloudのメモをひとつクリックして選択します↓

 

iCloudのメモを選択したらキーボードで「command + A」のキーを同時押ししてみてください。

 

するとiCloudのメモを全て選択してくれます。

ひろやん指差し

選択されたメモはオレンジ色になります。

 

iCloudのメモを全て選択したら、今度は「option」キーを押しながらマウス操作を行います。

 

Macのメモの左下に「このMac内のすべて」の「メモ」っていう項目があると思います。

この中にoptionキーを押しながらマウス操作(ドラッグ)でメモの上に乗せてみましょう。

 

クリックしながらメモの上に乗せたら、メモに「+(プラス)」が表示されるかと思います。

このプラスはメモを移動するのではなく「コピーしますよー」ってことです。

「+」の隣にはメモの数が表示されています。

ひろやん指差し

以下の画像で言うと今回iCloudのメモからMacのメモへバックアップ(コピー)されるメモの数は1097項目あるということですね。

 

良ければクリックを放して(ドロップ)、Macのメモへバックアップを取りましょう。

画像など多く挿入している場合はコピーにしばらく時間がかかります。

あとはバックアップ完了まで待てばOKです。

Sponsored Links

フリーズしてiCloudのメモがバックアップできない!

僕もでしたが、iCloudのメモを全て選択した場合にメモがフリーズする場合があります。

これはほぼiCloudのメモの容量が大きくて、処理に時間が掛かっているものと思われますので、方法は2つ。

iCloudのメモが多すぎてフリーズする場合の対処法
  1. 「+」が表示されるまで根気よく待ち続ける
  2. iCloudの重要なメモだけMacにバックアップする

しばらく待っても「+」が表示されない場合は、iCloudのメモの容量がかなり重いものと思われます。

ひろやん指差し

「+」が表示されるまで待てない・・・というか無理そうだったら、重要なメモだけ選択してバックアップするという手もあります。

Sponsored Links

iCloudのメモを複数選択する方法

iCloudのメモを複数選択する方法は簡単です。

「command + マウスクリック」で重要なメモを選択していくだけ↓

 

選択したメモは同じく色が付きますね↓

 

これを同じように「option + マウス操作(ドラッグ&ドロップ)」でMacのメモへバックアップするだけ。

ひろやん指差し

これならすぐにメモをコピー(バックアップ)できるので簡単に済みますね。

Sponsored Links

ひろやんの一言

Macで簡単に行えるiCloudメモのバックアップのやり方について解説しました。

あとから見返す必要のある重要なメモはMacなどにしっかりとバックアップするようにしましょう。

ローカルだったとしても、取っておくに越したことはありませんからね。

僕も気をつけます。

以上。

ひろやんでした。

iPhoneユーザー必見の書籍
  • iPhoneはかどる!便利技2021

Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん驚き

iPhoneの超ヘビーユーザーである僕も実際に読んでみましたが、「こんな便利な機能があったのか!」と目からウロコの内容でした!

一度サラッと読んでみるだけでも知識がアップして、よりいっそうiPhoneライフを楽しめるでしょう。

電子書籍価格で1,320円ですが、Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん笑顔

解約も簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

※「Kindle unlimited」にて1ヶ月無料お試しで読む場合はこちらをタッチ
Sponsored Links

“iCloudのメモのバックアップのやり方!Macでできる超簡単な方法!” への6件のフィードバック

    1. 匿名さん

      コメントありがとうございます!

      iCloudのメモのバックアップができなかったようで・・・お力になれずすみませんでした。

      詳細はわかりませんが、何かお力になれることがありましたら、またおっしゃっていただければと思います!

  1. iCloudのメモが消えてしまって(数回)いろいろ探してここにたどり着きました。最初は一括してコピーしたのですが、縦一覧では使いにくくフォルダごとにコピーをして、完全に元どおりになりました。有り難うございました。とても助かりました。

    1. サカジイさん

      この記事を見つけていただきありがとうございます!

      iCloudのメモが消えてしまったとのことで、今回の記事が役に立ったようで本当に良かったです。

      こちらこそ嬉しいコメントをどうもありがとうございました!

  2. 説明の通りコピー元のウインドウをoptionキーとマウスクリックでプラスマークを表示させドラッグするの所まで行けるのですが、そのドラック先の

    「macのメモ」がどこなのかわかりません。

    ドック内のメモのアイコンはiCloudのメモですよね?

    記事のメモアプリのウインドウのスクリーンショットはiCloudのメモのウインドウですよね?

    MacとiCloudのメモのウインドウを同時に表示させドラックドロップしたりするのでしょうか?

    お答えしていただければ幸いです。

    OSはバージョン10.12.5です。メモの数は1700です。

    1. kjさん

      コメントありがとうございます!

      返信遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

      質問にお答えしますね!

      ドック内のメモのアイコンはiCloudのメモです。

      macのメモがどこか分からないということですが、もしかすると表示が無効になっているのかもしれません。

      調べてみたところ、メモの環境設定にあるようです。

      メモのアプリケーションを起動して、画面上の「メモ」から「環境設定」を左クリック↓

       

      「このMac内のアカウントを有効にする」にチェックを入れたらOKです↓

       

      これで試してみてくださいね!

コメントをどうぞ

ページの先頭へ