ひろこみゅ管理人のひろやんです!

僕はMacとiPhoneでメモを使い倒していますが、今までに数回ほどメモが消えてしまったことがあります。

例えばこんなケースで↓

  • 同期に失敗して消えてしまった
  • 誤操作で消してしまった
  • 知らない内に消えてしまった

知らない内ってのはホントに知らない内で・・・

たぶんですけどiPhoneでメモを起動したまんまポケットに入れて、何かしら手が当たって消えてしまったパターンだと思っています。

まぁほぼ誤操作みたいなもんですね。

iCloudのメモなんですが、基本的にiCloudのメモを操作するため、それが誤操作で消えちゃってどうしようもない・・・

という、どうしようもないことが起きています。

消えた直前であればiPhoneの一つ前に戻る操作で取り消すことができるんですけどね。

気づいた時にはだいたい時すでにお寿司って感じです。

【参考記事】iPhoneの文字入力で一つ前に戻る方法!打ち間違いや削除を元に戻す操作>>
↑こちらをタッチorクリック

そんなわけで、やっぱり大事なメモってバックアップが必要だなーって日々感じます。

ちなみにこのメモのバックアップですが、Macを持っていたらiCloudのメモのバックアップも手動で簡単にできるので、今回はiCloudのメモのバックアップのやり方について解説していきますねっ。

Sponsored Links

iCloudのメモのバックアップのやり方(Mac編)

それではさっそく「iCloudメモのバックアップのやり方」を解説していきます。

Macのメモを開いて「iCloudのすべて」をクリックした後、どれでも良いのでiCloudのメモをひとつクリックして選択します↓

 

iCloudのメモを選択したらキーボードで「command + A」のキーを同時押ししてみてください。

 

するとiCloudのメモを全て選択してくれます↓

↑選択されたメモはオレンジ色になっていますね!

 

iCloudのメモを全て選択したら、今度は「option」キーを押しながらマウス操作を行います↓

 

Macのメモの左下に「このMac内のすべて」の「メモ」っていう項目があると思います。

この中にoptionキーを押しながらマウス操作(ドラッグ)でメモの上に乗せてみましょう↓

 

クリックしながらメモの上に乗せたら、こんな感じでメモに「+」が表示されるかと思います↓

↑このプラスはメモを移動するのではなく「コピーしますよー」ってことです。

「+」の隣にはメモの数が表示されています。

この画像で言うと今回iCloudのメモからMacのメモへバックアップ(コピー)されるメモの数は1097項目あるということですね!

良ければクリックを放して(ドロップ)、Macのメモへバックアップを取りましょう。

画像など多く挿入している場合はコピーにしばらく時間がかかります。

あとはバックアップ完了まで待てばOKです!

Sponsored Links

フリーズしてiCloudのメモがバックアップできない!

僕もでしたが、iCloudのメモを全て選択した場合にメモがフリーズする場合があります。

これはほぼiCloudのメモの容量が大きくて、処理に時間が掛かっているものと思われますので、方法は2つ。

  1. 「+」が表示されるまで根気よく待ち続ける
  2. iCloudの重要なメモだけMacにバックアップする

しばらく待っても「+」が表示されない場合は、iCloudのメモの容量がかなり重いものと思われます。

「+」が表示されるまで待てない・・・というか無理そうだったら、重要なメモだけ選択してバックアップするという手もあります。

iCloudのメモを複数選択する方法!

iCloudのメモを複数選択する方法は簡単です。

「command + マウスクリック」で重要なメモを選択していくだけ↓

 

選択したメモは同じく色が付きますね↓

 

これを同じように「option + マウス操作(ドラッグ&ドロップ)」でMacのメモへバックアップするだけ。

簡単ですね!

Sponsored Links

ひろやんの一言

Macで簡単に行えるiCloudメモのバックアップのやり方について解説しました!

あとから見返す必要のある重要なメモはMacなどにしっかりとバックアップするようにしましょう。

ローカルだったとしても、取っておくに越したことはありませんからね。

僕も気をつけます!

ひろやんでした♪