iPhoneがアップデートできない!容量あるのになぜ?

iPhone

iPhoneがアップデートできない!容量あるのになぜ?

ひろこみゅ管理人のひろやんです。

ひろやん疑問

iPhoneがアップデートできないなぁ・・・

iPhoneの容量はあるはずなのに、なんでだろう??

現在そのような状況にお悩みではありませんか?

ひろやん指差し

今回はそんな状況を解決すべく「容量があるのにアップデートできない原因と対処法」について解説しています。

Sponsored Links

iPhoneのアップデートの容量はどのくらいあるのか?

そもそもiPhoneのアップデートの際の容量はどのくらいあるものなのでしょうか?

iOS15.1にアップデートする際には、以下のように「2.54GB」と表示されていました。

なるほど、つまりiPhoneをアップデートするにあたり、少なくとも「2.54GB」の空き容量は必要になるということですよね。

ひろやん疑問

じゃあ3GBくらいの空き容量が確保できていれば、iPhoneをアップデートできるのでは?

と思うのですが、調べてみたところ どうやらそういう訳でもないみたいです。

容量があるのにiPhoneがアップデートできない原因は?

iPhoneの容量があるのにアップデートできない原因ですが、可能性として以下のようなことが考えられます。

iPhoneがアップデートできない原因

iPhoneがアップデートする際に一時ファイルなどが作られることにより、iOSの容量(今回の場合は2.54GB)以上の容量に増えてしまうため。

ちょっと例えてみますね。

デスクの上で工作作業しているとします。

この工作は、(なぜか)すべてデスクの上で行わなければ完結しない作業です。

ちなみに机の上はすでにメインとなる工作物(iOS)が大半を占めていて、もう他の材料(一時ファイル)はとても乗せられない感じになっています。

この状態では、とてもデスクの上だけで工作作業(アップデート)は完結できそうにありません。

・・・といった感じです(無理やりw)。

ひろやん指差し

つまりiPhoneをアップデートするには、作成される一時ファイル分の容量も必要になる。

だけど、その一時ファイル分の空き容量が確保できていないから、iPhoneがアップデートできないということですね。

容量がなくてiPhoneがアップデートできないときの対処法

では、iPhoneがギリギリの空き容量の状態では、どうやってもアップデートできないのでしょうか?

これに関しては調べたところ対処法があるようで、その対処法が以下になります。

iPhoneをアップデートする対処法

PCに繋いでiTunes上でiPhoneをアップデートする。

なぜこれでiPhoneがアップデートできるのかというと、アップデートの際に増えてしまう一時ファイル分の容量をPC上でカバーできるからです。

つまり、工作作業のデスク(iPhone)にプラスして、別のデスク(PC)も使えるため、工作作業(アップデート)が完結できるというわけですね。

ひろやん指差し

PC上でiTunesを起動してiPhoneを接続すれば、簡単にiPhoneをアップデートできます。

もし、iPhoneがアップデートできない場合は、ぜひPCのiTunesを使って試してみてくださいね。

Sponsored Links

ひろやんの一言

容量があるのにiPhoneがアップデートできない理由と、その対処法について解説しました。

iPhoneがアップデートできない場合は、ぜひ今回の内容をご参考頂ければと思います。

ひろやん笑顔

何かしら参考になれば幸いです。

以上。

ひろやんでした。

iPhoneユーザー必見の書籍
  • iPhoneはかどる!便利技2021

Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん驚き

iPhoneの超ヘビーユーザーである僕も実際に読んでみましたが、「こんな便利な機能があったのか!」と目からウロコの内容でした!

一度サラッと読んでみるだけでも知識がアップして、よりいっそうiPhoneライフを楽しめるでしょう。

電子書籍価格で1,320円ですが、Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん笑顔

解約も簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

※「Kindle unlimited」にて1ヶ月無料お試しで読む場合はこちらをタッチ
Sponsored Links

コメントをどうぞ

ページの先頭へ