ひろこみゅ管理人のひろやんです!

僕はMacとWindowsのパソコンを両方持ってるんですが、2つのパソコンを使う上でめちゃくちゃ重宝してるものがあります。

それがこのサンワサプライのケーブル…

ひろやん

「SmartDataLink」だ!

ザックリ簡単に説明すると、MacとWindowsをUSBケーブルで繋ぐだけで以下のことができちゃいます。

  1. キーボードとマウスがひとつで済んじゃう。
  2. データ移行ができちゃう。
嫁

ホントにザックリだね

ひろやん

まあね

嫁

もうちょっと分かりやすく説明しなよ

ひろやん

いや今からそのつもりだったし(ぼそっ)

嫁

なんか言った?

ひろやん

いえ何も!

…じゃ、じゃあもうちょっと分かりやすく説明しますね!

Sponsored Links

SmartDataLinkのメリット

ひろやん

じゃあまずはメリットから!

主にさっき言った2つだけど、もっと噛み砕いて説明しまっす!

ケーブル繋ぐだけでキーボードとマウスがひとつで済んじゃう!

これめっちゃ便利だと思ったんだけど、MacとWindowsをSmartDataLinkケーブルで繋ぐだけで片方のキーボードとマウスでどちらのパソコンも操作できちゃうんです。

例えば僕の場合だとMacとWindowsはどちらもノートパソコンで主にMacをメインで使ってますが、この場合で言うなら通常Macで操作しているキーボードとマウスでWindowsのパソコンも操作できるって感じですね!

マウスカーソルに関してはMacの画面からWindowsの画面へ、2つの画面を行き来できます。

MacとWindows間でデータ移行がマウス操作で簡単にできちゃう!

例えば、以下のファイルなんかが超簡単に転送できちゃいます。

  • テキスト
  • Word
  • Excel
  • 画像

これらのファイルなんかを実際にWindows→Macへデータ転送してみると表示的にはこんな感じ。

WindowsからMacへ移動したときの画像

もちろんMac→Windowsへのデータ転送もOK。

SmartDataLinkのデメリット

ひろやん

次はデメリットな点だよ!

MacとWindowsのUSBポート(差込口)をどっちも使う。

これは言わずもがなって感じだけど、つまりパソコン同士がこうなるってことですね↓

S

まぁだからお互いのパソコンのUSB差込口が最低ひとつずつは空いていないといけない。

なんだけど、これがあれば大丈夫。

ひろやん

いわゆるUSBハブってやつだね!

ご覧のとおりUSB差込口を増やせる便利な機器。

僕もこれと同じUSBハブを使ってます。

そんな高くないし、もし「差込口が足りないよー」って場合は検討してみると良いかも。

マウスカーソルが移動するときのタイムラグ

マウスカーソルがMac画面とWindows画面を行き来できるのですが、その際にタイムラグがあります。

だから、マルチモニター(モニター拡張)を経験したことある人なら多少の違和感はあるかも。

あれはスススーって滑るように別モニターにカーソル移動できますからね。

まぁただタイムラグと言っても時間して0.2秒くらいなので、そんなに気にならないレベルだと思いますね。

使っている内に慣れます(笑)

そこら辺に売ってない

これ、僕のところだけかは分からないんだけど近くの家電量販店に売って無かったんですよね。

WindowsとWindowsを繋ぐケーブルはあったんですけどねー。

たぶんだけど、僕のとこが地方の家電量販店だったこととWindowsとMacを繋ぐケーブルだから需要が少ないことが理由なのかなーと。

まぁでもどちらにせよ僕は安定のAmazonで買うのをオススメしますね!

ひろやん

ひろやんもAmazonで買ったよ!

Sponsored Links

SmartDataLinkを買うときの注意点!

ひとつだけ注意点をば。

さっきもチラッと言いましたが、Windows/Windows仕様のケーブルだとWindows/Macのパソコンには使えません。

そしてWindows/Mac仕様のケーブルはWindows/Windows仕様のケーブルより価格がちょい高めです。

ひろやん

めっちゃ安いやんコレ!

と製品説明をよく読まずに買うと…

ひろやん

マイガッ!!(神よ!)

ってなるから注意してね(笑)

もし買うのに不安なときはこっから買えば間違いないです↓

ひろやん

ひろやんが実際に使ってるケーブルだよ!

Amazonで買ったけど割と安かったしすぐ届いたし、全く問題なく使えているから個人的には大満足しています!

容量の重いデータ転送を頻繁に行うならこっち!

ちなみにですが、WindowsとMac間で容量の重いデータ移行を頻繁に行うって場合は間違いなくこっちが良いです↓

僕が持ってるのがUSB2.0タイプのもので、これがUSB3.0タイプのものです。

USB差込口が青いですが、これがUSB3.0の証になります。

おおまかに転送速度が10倍くらい違うと思ってもらえれば良いのかなーと。

まぁだから価格はどうしてもこっちの方が高くなりますね。

僕はデータ移行とかよりも『ひとつのキーボードとマウスで2つのパソコンを操作できれば良いなー』って感じだったからUSB2.0の安い方を選んだけど、重いデータを扱う場合は間違いなくUSB3.0をオススメします。

ただ、買うときはパソコンのUSB差込口もUSB3.0になってないとスピードが活かせないから注意してくださいねっ。

ひろやん

パソコンのUSB差込口も青いかどうか確認しよう!

※USB差込口を増やすUSBハブを使う時はこれもUSB3.0タイプにすること。

ひろやんの一言

MacとWindowsを繋ぐ便利なUSBケーブル!

SmartDataLinkについて説明させてもらいました。

MacとWindowsのパソコンを2つ持ってる人って正直あまりいないと思うけど、持っていてどっちもまぁまぁ使うって人は絶対買った方が良いと思います。

労力減るし作業効率上がるし、正直メリットの方が格段に大きいから!

ひろやん

ぜひ検討してみてはいかがかな?

ひろやんでした♪