【Windows7】スクリーンショットの保存先を変更する

Windows7

ひろこみゅ管理人のひろやんです!

今回はWindows7でスクリーンショットの保存先を変更する方法について解説します。

なお、スクリーンショットはWindows7に標準搭載されているソフト「Snipping Tool」の保存先に関する解説となります。

Sponsored Links

「Snipping Tool」の保存先について

「Snipping Tool」の保存先ですが、実は特に保存先についての設定はないんですよね。

「Snipping Tool」では、最後に保存した参照先(フォルダ)が保存先となります。

それでは実際に「Snipping Tool」で保存先を変更してみましょう。

Windows7でスクリーンショットの保存先を変更する方法!

まずはスクリーンショットの保存先となるフォルダをあらかじめ作成しておきましょう。

今回は例として「テスト」というフォルダを作り、これをスクリーンショットの保存先とします。

ではさっそく進めていきましょう。

 

①「Snipping Tool」を起動させる。

デスクトップ左下のWindowsアイコンをクリックして、検索バーに「snipping」と打ち込むと表示されます。

上記画像のようにタスクバーに表示しておくと今後使うときに便利ですね。

 

②「Snipping Tool」で範囲指定して画像を切りとる

 

③「保存(フロッピーディスク)」をクリック

④「デスクトップ」の「テスト」フォルダをクリックする

 

⑤「保存」をクリックする

 

⑥「デスクトップ」にある「テスト」フォルダに保存された!

 

以上になります。

今後「Snipping Tool」のスクリーンショットの保存先は「テスト」フォルダに保存されます。

ただし、別のフォルダに一度でも保存した場合はそのフォルダが保存先になります。

繰り返しになりますが、最後に参照したフォルダが新しい保存先となるわけですね。

実際に試したら「あぁ、こういうことか」とわかると思うので、ぜひ試してみていただければと思います。

Sponsored Links

ひろやんの一言

Windows7でスクリーンショットの保存先について解説しました。

なお、「Snipping Tool」でスクリーンショットができない場合の解決方法について書いた記事もあるので、参考までに。

【Windows7】スクリーンショットができないときの解決方法>>
↑こちらをタッチorクリック

ひろやんでした。

iPhoneユーザー必見の書籍
  • iPhoneはかどる!便利技2021

Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん驚き

iPhoneの超ヘビーユーザーである僕も実際に読んでみましたが、「こんな便利な機能があったのか!」と目からウロコの内容でした!

一度サラッと読んでみるだけでも知識がアップして、よりいっそうiPhoneライフを楽しめるでしょう。

電子書籍価格で1,320円ですが、Amazonの「Kindle unlimited」に加入したことが無ければ、今なら1ヶ月無料お試しで読むことができます。

ひろやん笑顔

解約も簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

※「Kindle unlimited」にて1ヶ月無料お試しで読む場合はこちらをタッチ
Sponsored Links

コメントをどうぞ

ページの先頭へ