ひろこみゅ管理人のひろやんです!

僕は仕事柄プリンターを扱う機会も多いのですが、プリンターに関することでユーザーの要望が特に多いのがこちら↓

嫁

このプリンターなんですけど、あっちのパソコンからも印刷できるようにしてもらえませんか?

そう、つまりは「1台のプリンターを2台(複数)のパソコンで使えるようにして欲しい」って言う要望ですね。

USBタイプのプリンターの場合…

ひろやん

挿しているパソコンでしか使えないでしょ?

そう思いがちですが(僕も最初はそう思ってたw)

実は、条件さえ揃っていれば1台のプリンターを複数のPCで印刷することが可能です。

USBプリンターの基礎知識も含めて、「1台のプリンターを2台のパソコンで使う方法」について解説していきたいと思います。

Sponsored Links

USBタイプのプリンターの基礎知識

まずはUSBプリンターの基本的なお話。

ご存知のようにUSBプリンターはその名の通りUSB接続でパソコンに繋げるため、一台のパソコンにしか繋げることができません。

でも条件を満たすことで2台以上の複数のパソコンで印刷することが可能です。

なぜか?

それは…

ひろやん

USBプリンターと接続するパソコンをサーバー代わりにするからです!

サーバーとは言わば親機のこと。

親機となるパソコンとネットワークを形成することによって、別のパソコン(言わば子機)でも印刷できるようになるわけですね。

なお、プリンターと接続しているパソコンは親機となるため、電源が入っていないと別のパソコンで印刷することはできません。

親機の電源が入っていないと子機は使えない。

親機あってのプリンターとなるわけです。

プリンターのドライバーをインストールしよう

プリンターのドライバーをインストールすることでパソコンからの印刷が可能になります。

「ドライバー」っていうのは簡単に言うと、「USBで挿した機器が何かをパソコンに伝えるもの」。

プリンターにはそれ専用のドライバーのCDが付属されていますが、ドライバーをインストールしてやらないとパソコンがプリンターとして認識できない。

印刷ができないというわけです。

そんなわけでプリンタードライバーのインストールは、使いたいパソコン全てで行うようにしましょう。

なお、プリンターのドライバーをパソコンにインストールする場合、ドライバーCDだけではインストールできないことが多いです。

一応インストールする方法はいくつかあるのですが、僕がオススメする一番簡単な方法が「一度プリンターとUSB接続してインストールすること」。

インストールしてしまえばあとはこっちのもんです。

親機となるパソコンの設定

USBプリンターと直接繋いでいるパソコン(親機)の設定を行いましょう。

親機になるのでプリンター共有含めて諸々の共有設定を行う必要があります。

コントロールパネルから簡単に設定できるのでパパッとやっちゃいましょう。

「ファイルとプリンターの共有」の設定

まずはプリンター共有の設定からですね!

設定を行う場所は以下の通り↓

コントロールパネル(カテゴリ)→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター→共有の詳細設定の変更

「共有の詳細設定の変更」ではネットワークプロファイルがいくつかあります。

僕が使っているWindows7の場合だと「ホームまたは社内」と「パブリック」の2種類。

選択しているプロファイルには「(現在のプロファイル)」と付くので、現在のプロファイルの方を設定していきます↓

↑ちなみにこの場合は「ホームまたは社内」が現在のプロファイルのため、「ホームまたは社内」を設定する。

 

続いて「ファイルとプリンターの共有」で「ファイルとプリンターの共有を有効にする」にチェックを入れましょう↓

 

引き続き「共有の詳細設定の変更」で「パスワード保護共有」の設定を行います。

「パスワード保護の共有を無効にする」にチェックを入れましょう↓

コントロールパネルの設定は以上になります!

プリンター共有の設定

念のためこちらも確認しておきましょう。

コントロールパネル(カテゴリ)→ハードウェアとサウンド→デバイスとプリンター

該当するプリンターを右クリックして「プリンターのプロパティ」をクリック。

「共有」のタブで「このプリンターを共有する」にチェックを入れる↓

 

プリンターとUSB接続するパソコンの設定は以上になります!

Sponsored Links

子機から親機に接続できるか確認しよう

最後の仕上げです!

子機となるパソコンから親機となるパソコンに接続できるか確認しましょう。

具体的に言うと、子機のパソコンから親機のパソコンのIPアドレスを打ち込んでアクセスできればOK!

これは前提として、親機と子機が同じネットワークで接続されている必要があります。

有線LANにしろWiFi無線にしろ、どちらにせよです。

子機側から親機のIPアドレスを打ち込んで親機にアクセスできれば、共有されているプリンターが表示されるはずです。

プリンター共有されている例↓

 

プリンターをダブルクリックして以下のような画面になればOK!

 

これで子機側のパソコンでも印刷ができるようになったはずです。

何かテスト印刷して印刷できるか確かめましょう!

なお、子機となるパソコンが複数台ある場合は、同じ要領でやっていけばOKです。

ひろやん

繋ぎたいだけ繋ぎ倒そう!!

1台のプリンターを2台のパソコンで使える切替器

ちなみにですが、「上手く共有できん!!」って場合はUSB切り替え装置なるものもあります↓

プリンターなどの1台のUSB機器を2台のパソコンで使うことができる機器。

使うときは手動で切り替えが必要ですが、これなら簡単に使えそうですね。

もし上手くいかない場合は検討してみるのも良いかも!

 

プリンター用のケーブルはこちら↓

プリンター用のケーブルで届かない場合は、USB延長ケーブルもあります↓

状況に応じてこれらのUSB切替器も検討してみてくださいね!

ひろやんの一言

1台のプリンターを2台のパソコンで使う方法について解説しました!

一見、難しいと思われるかもしれませんが、やってみると意外と簡単です。

ひろやん

使うたびにUSBケーブルを差し替えないといけない…

そんな面倒くさい状況の場合は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

これができればめっちゃ楽になりますよ。

以上!

ひろやんでした♪