ひろこみゅ管理人のひろやんです!

ひろやんのThunderbird講座。

今回のテーマはこちら↓

ひろやん

Thunderbirdのアドレス帳の場所を知ろう!

それではさっそく講座に入っていきましょう!

Sponsored Links

Thunderbirdのアドレス帳の場所を知りたい

Thunderbirdにはエクスポート機能があり、アドレス帳をcsvファイルとして出力することが可能です。

通常は出力したcsvファイルをインポートすることでThunderbirdのアドレス帳は移行できます・・・が。

ただ、何かしらの理由でThunderbirdからアドレス帳をエクスポートできない。

だからThunderbirdのデータからアドレス帳を抜き取りたい。

そんな場面に出くわすことも中にはあるかと思います。

そんなわけで今回はThunderbirdのアドレス帳の場所を確認していきましょう!

Thunderbirdのアドレス帳の場所は(保存先)?

結論から言うと、Thunderbirdのアドレス帳の場所はこちらになります↓

C:\Users\◯◯◯\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\□□□□□.default

※「◯◯◯」は「ユーザー名」のフォルダ。

「□□□□□.default」のフォルダですが、「□□□□□」の部分はThunderbirdをインストールするごとにランダムの英数字で生成されます。

「Profiles」フォルダの中を見ればすぐに分かるので、確認してみてくださいね。

なお、途中の「AppData」フォルダは隠しフォルダになっているので、AppDataがない場合は隠しフォルダを表示するようにしましょう。

AppDataを表示する方法はこちらの記事に記載しています↓

AppDataの場所はどこ?見つからないときの出し方を解説!>>
↑こちらをタッチorクリック

分かりやすく画像付きで解説しているので、分からない場合は一度確認してみてくださいね!

Sponsored Links

Thunderbirdのアドレス帳のファイル名は?

アドレス帳の場所は特定できましたが、それだけでは不十分ですよね!

肝心なのは「アドレス帳のファイルは何であるか?」ということ。

これが分からないとアドレス帳の移行ができないですもんね!

先ほど記載したアドレス帳のファイルが保存されている場所↓

C:\Users\◯◯◯\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\□□□□□.default

この中の「abook」と「history」の2つのファイルがアドレス帳のファイルになります。

※拡張子が表示されている場合は「abook.mab」と「history.mab」。

 

「abook.mab」↓

 

「history.mab」↓

 

細かく言うと「abook.mab」は「個人アドレス帳」で「history.mab」は「記録用アドレス帳」になります↓

 

もし、Thunderbirdがインストールされている別のパソコンにアドレス帳を移行したい場合は、この2つのファイルをコピーして同じ場所へ貼り付ければ基本的にOK!

ただし、移行するときはファイルを上書きすることにになるため、元のデータをコピーして退避しておいた方が良いですね。

何かあっても元に戻せるよう、万が一に備えておきましょう。

なお、Thunderbirdのバックアップ方法については、こちらの記事にも書いております↓

【Thunderbird】ツールで定期的に自動バックアップしよう!>>
↑こちらをタッチorクリック

画像付きで分かりやすく解説しているので、一度確認してみてくださいね!

Thunderbirdのアドレス帳の場所については以上になります。

Sponsored Links

ひろやんの一言

Thunderbirdのアドレス帳の保存場所とファイル名について解説しました!

Thunderbirdでアドレス帳のファイルを取り出す場合は、今回の方法を試してみてくださいね。

なお、アドレス帳をエクスポートする方法についても記事にしているので、こちらも合わせて確認してみてください↓

【Thunderbird】アドレス帳をエクスポート!csvを作成しよう!>>
↑こちらをタッチorクリック

通常はこのやり方が一般的なので、Thunderbirdからアドレス帳をエクスポートできる場合は、この方法でアドレス帳を取り出しましょう!

ひろやんでした♪